トップ画像
アシ

霞ヶ浦には大量にある。河口湖には少なく、桧原湖にも少ない。

アシ際

攻めかたはアシに沿ってスピナ‐ベイトを二、三回流してだめなら凹んだ部分や岬状になっている部分にワームを落として少しシェイクする。
だめなら次を釣る。

アシの中

アシの中は増水時に結構釣れる。
少し重めのシンカーのテキサスにパドルやホッグ系のワームをつけて隙間からそっと落とす。
そっと落とさないと釣れない。(経験談)

それでも駄目な時

次のアシの固まりに移動。
何ヶ所か条件の違うアシ(隙間の有無、水門の有無、ボトムの硬さ、深さ)をやってだめなら違うストラクチャーを狙う。

その他

河口湖ではテキサスで釣れたことはありません。
自分が河口湖のアシを攻める時にはセンコーのワッキーを際に落として底についたら少し待ちます。
これだけで釣れるときは釣れます。
桧原湖ではアシが少ししかなく初めて行った時にはまったく釣り方がわからずだめでした・・・
桧原湖、河口湖はまた別に紹介します。


テトラ

いつもは小高干拓に行く。

テトラの穴の中

スプリットやテキサスを穴に落としてだめなら次の穴を狙う。自分は大体一時間くらい歩きます。
夏のくらくなりだした頃がお勧めです。

テトラの外

少し沖にあるストラクチャーを探してスピナ‐ベイト、クランク、常吉、等でねらいます。


ゴロタ

ゴロタには結構バスが隠れています。
朝ならトップウォーターがいいいと思います。
以前五匹連続で釣ったことがあります。


特に夏はゴロタの影などでじっとしているのでスプリットを引いたり
スピナ‐ベイトでリアクションを狙うのもいいと思います。


ウィード
少なめ

少な目の時自分の場合はスピナーベイト、スプリットです。

多いとき(水面まできてる)

この時はスピナーベイト等ではすぐ草に引っかかりあらしてしまうので
バズベイト、フロッグ、ノーシンカーを使います。あとは、切れ目を見つけてテキサスで落とし込みます。


四季別ポイント

春は自分自身あんまり好きじゃないです。
でも、釣れたのはミノーとサスペンドシャドです。
浅い砂地に投げてトゥイッチングしながら巻くの繰り返しです。
あとは、スプッリトにストレートワームをつけてずる引きです。


自分の中でのベストシーズン☆

クランクが爆発します!
場所は霞ならどこでも・・・
信じて投げるしかない。


寒すぎます・・・
場所は深場メインになりますね。
霞ヶ浦だと新川の温排水が深くは無いですがおすすめです。
真冬でもクランクで釣れる事あります。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO